取扱品目

稲毛質店では金やプラチナをはじめ、時計や宝飾品、電化製品など幅広くさまざまなお品物を取り扱っております。
ご利用の際はお気軽にお問い合わせ下さい。
◆LOEWE(ロエベ) とは

LOEWE(ロエベ) ヒストリー
ロエベは1846年、ドイツ人のエンリケ・ロエベ・ロスバーグがスペインのマドリードに革製品店を開業したことから始まります。
1890年に店舗に併設したアトリエを構え、革製品で仔羊皮を独自の手法でなめしたナッパ素材を採用し、品質検査を行いそれをパスした僅か3%を使用するというこだわりを持ち王侯貴族を主な顧客としていました。
1905年に入ると、2代目のエンリケ・ロエベ・ヒントンがアルファンソ13世から王室御用達の名誉を与えられました。
1965年、4代目エンリケ・ロエベ・リンチがプレタポルテをスタートし、1970年代に初の香水エル・デ・ロエベを発表しました。
1975年に誕生したバッグ“アマゾナ”は現在でも人気ガある定番のお品物になります。
1985年に入るとルイ・ヴィトン社と提携を結び、1996年にはLVMHの傘下に入りました。
1997年にはナルシソ・ロドリゲスがレディス・プレタポルテのデザインディレクターに就任。
その後、1998年~1999年の秋冬コレクションから2002年春夏コレクションまで、ナルシソ・ロドリゲスがプレタポルテのデザインを担当したが、売り上げが伸びなかった為に解任となりました。
2002年~2003年の秋冬コレクションからは、ホセ・エンリケ・オナ・セルファがロエベの新デザイナーに就任されました。
ホセ・エンリケ・オナ・セルファの情熱的デザインは注目され、2004年になると日本でも表参道に路面店がオープンされました。
2007年には金具を一切使わずに、ラムスキンをなめした柔らかな皮のみを使用したとても軽いバッグ“ナッパ・アイレ”を発表しました。
2008年の1月になると新しくアーティスティック・ディレクターにスチュワート・ビバーズが就任しました。
スチュワート・ビバーズは、就任後アクセサリーだけでなくプレタポルテや、全世界120店の統一イメージなどを含むロエベのクリエイティブ面のすべてを担当しました。
2009年に入るとロエベはスペイン・ポルトガル・英国・フランスでオンライン・ブティックを開始しました。
現在ロエベはスペイン王室御用達となっており、良質の皮を用いることと、Lの文字を4つ組み合わせたロゴが有名です。